頑固な脂肪を落とすのに効果のあるサプリ?ヨヒンビンの効果

2014/08/23

頑固な脂肪を落とすのに効果のあるサプリ?ヨヒンビンの効果





こんにちは。NGU信田です。



今日は少しマニアックな内容なので興味のない人が多いかもしれません…





私は普段から多くのサプリメントを摂取しています。(実験の意味もあって)

最近は自分がダイエットをしているということでファットバーナー系のサプリを多く摂っています。その中で、何それ?と質問されるあまり聞きなれない成分の入ったものがあります。





それがヨヒンビンです。



作用機構がすこし難しいので、なかなか説明するのが難しいですが、すこし簡単に説明していこうと思います。



ただヨヒンビンのサプリメントは日本では売っていないので、輸入代行などを使って取り寄せてください。









脂肪を分解するためにはアドレナリンやノルアドレナリンというホルモンが必要となります。脂肪にあるそのホルモンを受け取るレセプターがアドレナリン受容体。ちなみにアドレナリンやノルアドレナリンはウエイトトレーニングをすると多く分泌されますよ。…ということはダイエットに効果的…



そのアドレナリン受容体には2種類あります。一つがα受容体(特にα2受容体)もう一つがβ受容体。α2受容体は脂肪分解を抑制し、β受容体は脂肪分解を促進します。

(近年ボディビル競技などでドーピング検査で陽性反応が出ているクレンブテロールなどはこのアドレナリン受容体、β受容体を活性化させます。ちなみにこのクレンブテロールは喘息の薬などに入っています。)





α2受容体の活性化は脂肪の分解に必要なノルアドレナリンの放出を阻害します。またこのα2受容体と結合して、ノルアドレナリンの脂肪燃焼効果を遮断してしまいます。





え?せっかく運動して脂肪燃焼効果のあるノルアドレナリン出したのにα2受容体が活性化していると脂肪燃焼効果がなくなってしまうの?





そうなんです。ではこのα2受容体をブロックしてあげればいいということになりますね。そうすれば脂肪燃焼を促進するβ受容体のみ働きますから。



それをしてくれるのがヨヒンビンです。



ヨヒンビンは、α2受容体の機能を阻害、遮断します。なので、ノルアドレナリンレベルを上昇させ、脂肪減少を促進させるんですね。





そして、このα2受容体は脂肪組織に多く存在し、また女性のお尻や脚、男性の腹部に多く存在しています。このα2受容体の男女での分布の違いが女性と男性の脂肪のつき方にも影響していて、女性は下半身の脂肪が落ちにくかったり、男性は腹部の脂肪が落ちにくかったりするわけです。(私も腹部の脂肪には苦労しています。)



もしこれらの組織内で局所的にヨヒンビンが作用し、α2受容体を遮断、ノルアドレナリンのレベルを上げられれば、トレーニングのダイエット効果が上昇するわけですね。ただ、 残念なことに、経口サプリメントだと、全体の血中のレベルも上昇するので、全身、つまり心臓や中枢神経系でのレベルも高めてしまいます。要は副作用をもたらす可能性があると。



なので、使用する際はきをつけてください。



またヨヒンビンには血流を促す作用もあるので、こちらの効果でも脂肪燃焼を助けてくれます。





基本的にアドレナリンは低濃度だとα受容体に作用し、高濃度だとβ受容体に作用します。

つまり安静時に遮断が起こりやすくなります。なので、基本的に熱産生が常にオフの状態になります。



ただ気をつけたい点は、ヨヒンビンなどのα2遮断効果があるものと炭水化物と併用するとインスリンの分泌が増加することです。これは膵臓のα2受容体も遮断されβ受容体が刺激されるからです。という事は、ヨヒンビンは朝の空腹時に摂り、糖質制限食と組み合わせる、ということになります。





ちなみに、ヨヒンビンはアカネ科の植物ヨヒンベから発見されたアルカロイドです。





ということで少し難しくなりましたが、ヨヒンビンはダイエットに有効だということです。





ただ、先ほども言ったと通り、強力な作用があるだけに副作用もあること、個人で輸入しなければならないことは頭に入れておいてください。







信田