健康にいい食材が健康に悪い?~無農薬野菜について~

2014/08/09

健康にいい食材が健康に悪い?~無農薬野菜について~

こんにちは。NGU信田です。今回はダイエットネタというより健康ネタになります。

健康ブームが来ているのか、○○の製品はカラダに悪い!○○は食べるな!○○という食品を食べた方がいい!

という様な情報をよく目にします。健康業界?にいるから?か本当によく目にするんです。

ただ、以前から言っている様に、こういう情報って、ただ何となく。であったり全く科学的じゃなかったり。陰謀説を説いてイタズラに恐怖を煽っているものが殆ど。(最近一番びっくりしたのは「トランス脂肪酸はプラスチックと同じ!」と言っているもの。いやいや…確かにカラダには悪いけれども…嘘はいけないですよね。)

大事なことはもっと別なところにあるでしょう。と。

その中でも、よく目にする一つが、「今の野菜には農薬がいっぱいついていて、カラダに悪い!」「無農薬や有機野菜を食べるべき!」「無農薬野菜を食べれば体調がよくなる!」

というもの。

これ、完全に誤解です。というより、無農薬って思った以上にカラダに良くないです。

農薬を使わないで作物を作ると、土中に「硝酸」が増えます。(農薬を使わないと、まず土の中で細菌が増えます。その後この細菌が空気中の窒素を使って硝酸を作ります。)

この硝酸は作物の中に取り込まれると「亜硝酸」という物質になります。

でこの亜硝酸、体内に取り込まれると「アミン」というアミノ酸が分解されることでできる物質とくっつきます。そうして出来たものが、高い発ガン性のある「ニトロソアミン」。

前にも野菜の毒性について書きましたが、ただでさえ、毒性を持つ野菜にさらに毒性が加わるという…。

残留農薬は洗えばほとんど落ちます。それでも気になる人は茹でるなどして少し熱も加えてあげるといいでしょう。(熱を加えると壊れるビタミンもありますが少しであれば大丈夫です。)

なんとなくイメージで、無農薬や有機野菜の方が健康にいいと思われることがあると思いますが決してそんなことはありません。

というよりそもそも野菜食べてりゃ健康っていうのにも問題ありますが。

~が良くない!だとか~には気をつけろ!と言う前に、まず必要な栄養素は十分に摂れているのか?こちらの方がずーっと大事です。

なんたって生命活動に必要ですから。

各栄養素の量が足りてなければ、どんなに健康にいい「イメージ」のあるものや、健康に悪い!と言われているものを食べなくても健康にはなれませんよ。

大事なのは、各栄養の絶対量です。確かにこういうことを勉強する方が面倒に感じるかもしれませんが、イメージで変な知識を持つより、しっかり各栄養素を勉強する方がずーっと健康です。

自然主義は決して正義じゃありませんし健康でもありません。そもそも自然を求めること自体が不自然だとも思います。世の中には「木を見て森を見ず」な健康法やダイエット法が溢れています。しっかりと自分の目で見極めこの波に飲まれない様にしましょう。

信田