ファスティングの真実~人に気軽に勧めないこと~

2014/07/18

ファスティングの真実~人に気軽に勧めないこと~

さて、前回はヨガについて少し触れたので今回は宗教的なもの繋がりで「断食」「ファスティング」について書こうと思います。

ファスティングしてる人多いですねー。「ファスティングしました!」っていう報告がSNSのタイムラインで流れてきます。

目的は人それぞれなのでしょうが、1番見るのはダイエット目的のファスティングでしょうか?次に多いのがデトックスだったり、内臓の機能回復を狙ったものですかね。

まぁ私のコラムを読んできてくれた方や、私から直接話を聞いたことがある人はファスティングじゃ痩せない、ダイエットにはならないって事はよく分かっていると思います。

はっきり言ってファスティングじゃ痩せないですよ。

そりゃ一時的に体重は落ちると思います。でもあくまで一時的、落ちたのはほとんど水分。あとは筋肉とかですかね。

水分がなくなっただけですから、水飲んで普通に食事摂ったらもとに戻ります。そして、元に戻るだけならまだしも、筋肉も失われていてカラダは飢餓状態。栄養を溜め込みやすくなっていて、リバウンドというのがオチです。

ダイエット目的でこれをやっている人はスタイルを悪くして、リバウンドに向かって一直線てことですね。

デトックスも内臓機能回復もそんなに意味ないです。

というより、これら二つに関しても逆効果になってる部分の方が大きいです。

まず、デトックス。これは体内にある老廃物を体外に出すってイメージだと思うんですが、体外に老廃物を出すには、体内にある各種酵素や臓器、筋肉等が正常に働いている必要があります。

しかし、ファスティングをするとたんぱく質の絶対量が足りなくなりますから、酵素が作られず代謝が落ちます。もちろんビタミン類も不足しますから働き自体も落ちますね。

また、カラダの中ではいろんなイオンが(イオンチャンネル、とかイオンポンプとか。これは話が長くなるので割愛させてもらいます。とにかく正常な細胞活動を維持するための機構です。)働いているわけですが、これもたんぱく質やミネラルが元になってます。ミネラルも不足するのでこれも上手く働いてくれなくなります。

と・い・う・こ・と・は…

ファスティングするとカラダの中で色んな歪が生まれ、細胞活動が正常に行われなくなるということ。

人間は本来、十分な栄養と運動をしていれば、老廃物は自然と体外に出て行くようになっています。そのための生活習慣を変えようとせずなぜファスティングに走るのか…

「ファスティングすれば、いかに今までの生活習慣ダメだったか気づきます!」と言う人もいますが、ファスティングなんてしなくてもトレーニングしたら、いかに栄養と運動が大事かすぐわかります。ファスティングみたいに体調を壊すことなくわかります。

なるべく楽して効果得られたらいいな~。って言う甘えじゃ無いですか?

また、内臓機能回復も同じです。そもそも内臓自体が自然に動くための栄養が無いわけですから、機能回復もあったものではありません。

内臓が疲れてるな~と思ってる人。夜遅くに食事してませんか?夜中までお酒のんでませんか?

こういうのをやめたら内臓は休まります。

朝食と言う言葉は英語で
「breakfast ブレイクファースト」といいますよね?

これは前夜からの断食をbreakするという意味です。

普通の規則正しい生活をしていれば、カラダに負担のないファスティングは出来てます。なので安心してください。

でもファスティング経験者は「一時的に体調がよくなる!アタマが冴え渡る!」と言います。

これは、体内に栄養がなくなりケトーシスと言う状態になって、血糖値よ乱高下がなくなったから。(ケトアシドーシスとは違います。)

ケトーシスになって血糖値の乱高下がなくなり、血糖値が急激に上がることで乱れていた各種ホルモンなど内分泌系働きが正常になれば体調は良くなります。

しかしこのケトーシスによる体調が良くなった感覚はファスティングの場合は一時的で終わってしまいます。

なんていったって、この好調を維持するための栄養素が無いわけですから。

であれば、糖質を制限して、高タンパク高ビタミンの生活をしてケトーシスになった方が圧倒的に健康になれますし、ずーっと好調を維持できます。

身の回りには精製された糖をふんだんに使った食べ物や飲み物が溢れています。それを食べれば血糖値は急激に上がって下がります。これを繰り返すと低血糖症になります。こうなると体調が優れなくなるわけですね。

あとよく言われるのはなんだろう…

「黒い便が出て、老廃物が出た!宿便が出たんだ!」

とかいうやつでしょうか。

これは、「腸内の細菌の死骸」です。

腸も正常に機能しなくなり、腸内細菌が住む環境が無くなるわけですから、それは死んでしまいます。

人間は腸内細菌と共存することで生命を維持出来ていますから、これらが死んでしまうのは大変なことです。

それに、大腸の機能が衰えると水分を吸収する能力が落ちますから(食物繊維がなくなり、腸内ので酪酸を作り出せず、腸のエネルギーが無くなるから)下痢をします。

この腸内細菌の死骸と、下痢を「デトックス!」と言って喜んでいるわけですね。

これ冷静に考えてどう思いますか…?

そもそも、ファスティングとはヨガと同じで宗教の中の修行の一部です。

その修行が目的のファスティングであればいいでしょうが、そういう目的でもないファスティングにはなんの意味もありません。ただ、カラダ壊してるだけです。(もちろん修行目的での断食はいいと思います。)

なので、SNS等で「ファスティング」を自慢している人たちは、カラダを壊し無知であることを自慢しているだけです。

なので絶対にファスティングを、しかも独自のファスティングを、安易に人に勧めないで下さい。カラダを壊します。

もし修行的なファスティングをしたいのであれば必ず信頼できる指導者、専門家の元で行うこと。それぐらい危険なものという認識を持ってください。

あと、ファスティングする時に「酵素ドリンク」なるものを飲むそうですが、酵素ドリンクって一体どういうものなのかご存知ですか?

それも知らないまま高価な得体の知れないドリンクを飲んでデトックスする…

この感覚はどうもよくわかりません。

(酵素ドリンクについては以前詳しく書いているので気になる人は探して読んでみてください。)

流行りの「プチ断食」とか、もうよく意味が分かりません。「細マッチョ」ぐらい意味が分からないです。

先ほども言いましたが、決してファスティング自体を否定しているわけではありません。ただ、自分の目的を達成するための手段として合っているのか?それは科学的なのか?

みなさんにはその辺をしっかり考えて貰いたいです。

私を含め、ボディビル競技、フィジーク競技に取り組んでいる人達は、皆ボディメイクのプロです。皆それぞれに得意分野はありますが、栄養学、生理学、解剖学、生物学、等々を勉強した上で競技に取り組んでいます。

そうでないとこの競技に於いては勝てないからです。

その彼らは絶対にファスティングなんてしません。

それはなぜか。

効果が無い、どころかボディメイクに於いて逆効果だと知っているから。

ということで、ダイエットやデトックスでファスティングを勧めている人や場所には気をつけましょう。

正しい知識と、手段で確実で快適なボディメイクを‼︎

信田